スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010~2011年秋冬 東京ブランド新作 重量感より軽やかさ(産経新聞)

 ■逆風を前向きに乗り越えようとするデザイナーの決意

 東京を拠点にしたファッションブランドが今月、JFW・東京コレクション(23~26日)を軸に、2010~2011年秋冬の新作を披露した。秋冬の重量感より軽やかな印象の作品が目立った。不況で萎縮(いしゅく)ムードが続く中、ファッションが本来持つ明るさや華やかさを示し、逆風を前向きに乗り越えようとするデザイナーの決意を感じさせた。(小川真由美)

 ◆服の原点は家族

 07年にデビュー後、今回が東京での最後のショーとなったジョン・ローレンス・サリバン(柳川荒士)。肩幅が広めでウエストの絞りをなくしたコートやジャケット、綿のジャージー素材の細身のパンツなど、新しいシルエットで紳士服の強さと美しさを表現した。来年春夏から拠点をパリに移す。柳川は「西洋発祥の紳士服の美しさを日本人がどこまで形にできるか挑みたい」と飛躍を誓った。

 ネ・ネット(高島一精)は北欧に住む仮想動物の家族の日常をテーマに、緑や黄など明るい色を多用し暖かみを出した。家族を意識して初めて大人と子供の服を同じ会場に展示。高島は「服を毎日着る人間の生活の原点は家族。家族の暖かさを見直した」と話す。

 東コレ参加のデザイナーも攻めの姿勢を見せた。

 ミハラヤスヒロ(三原康裕)のテーマは女性の内面の強さ。色や柄を排し、ウールやアルパカ、フェイクファーなど数種類の生地を風化して破けたように見せるなど、素材の表情にこだわることで一見武骨に見えるデザインの中に女性のりりしさを際だたせた。三原は「見通しの暗い時代を変えるのは女性のパワー。ファッションでそれを伝えたい」。

 ◆夢あふれた服

 ミントデザインズ(勝井北斗、八木奈央)は定番の細かい文様や装飾から一転。家、花、王冠の柄をロングドレスに大きくあしらうなどシンプルな構造の服を並べた。テーマは「A NEW HOPE」。八木は「今までの価値観と違う全く新しい価値観で物事を見れば希望はある。それを感じてほしい」と期待する。

 まとふ(堀畑裕之、関口真希子)は「日本の眼」と題し、今回から色に焦点を当てて日本人の美意識を服に落とし込む試みをスタートさせた。自然や都会の風景、日常生活の場面を複数の色で表現。これまでの着物を想起させる形から一転、現代的な印象の作風に仕上げた。堀畑は「流行という新しさでなく新鮮であり続けることで普遍的な美を提案したい」と意気込みを見せた。

 4年ぶりにJFWに登場したのがケイタ マルヤマ(丸山敬太)。カラフルな色や柄、カシミヤやファー、リボンにレースなどぜいたくな作風は健在。丸山は「ファストファッションもいいが、ファンタジーや夢があふれた服もあっていい」と説明した。

 アグリサギモリ(鷺森アグリ)は男性的だったテーラードが進化。ボタンやフリルなど装飾を最小限にしながら女性らしさを表すなど、高い技術力を見せた。(敬称略)

あす拉致被害者支援決議へ (産経新聞)
<中国毒ギョーザ>天洋食品元従業員を逮捕 待遇に不満か(毎日新聞)
<電源交付金>自治体の使途拡大へ 庁舎建設、人件費にも(毎日新聞)
<火災>興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市(毎日新聞)
国からの民間派遣137人=10年間の交流実績報告-人事院(時事通信)
スポンサーサイト

<ヒブワクチン>定期接種化を衆参議長に請願(毎日新聞)

 「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会」(田中美紀代表)は23日、細菌性髄膜炎を予防するヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンの定期接種化を求める請願を衆参両院議長あてに提出した。昨年12月に細菌性髄膜炎で1歳9カ月の次男を亡くした山口県周南市の齋藤裕子さん(36)ら会員は、長妻昭厚生労働相にも面会し、要望を伝えた。

 面会で長妻厚労相は「ヒブワクチンの定期接種化は、優先順位が高いと思っている。予防接種部会で検討を急がせたい」などと答えた。

 ヒブワクチンは世界130カ国以上で幼児への定期接種が実施されている。記者会見した齋藤さんは「悲劇を繰り返さないでほしい」と次男伊吹君の遺影と共に涙ながらに訴えた。田中代表は「私たち大人に迷っている猶予はない。今すぐ行動と決断をお願いしたい」と話した。

【関連ニュース】
ヒブワクチン
ワクチン勉強会:公明女性議員ら開催 /東京
小城市:子宮頸がんとヒブ髄膜炎、ワクチン接種費助成へ /佐賀
ヒブワクチン:西東京市、予防接種費助成 /東京

公務員「早期勧奨退職」継続、総務相が意向(読売新聞)
民主・生方議員、街頭演説で小沢氏辞任求める(読売新聞)
大阪中心部に親水ゾーン「僕も泳ぐ」橋下知事(読売新聞)
<火災>駐車場で車炎上…中に2人の焼死体 札幌の清掃工場(毎日新聞)
京都府知事選告示、新人・現職の2氏が届け出(読売新聞)

小沢氏、自身の訪米「まだ具体的になっていない」(産経新聞)

【小沢会見】(2完)

 【首相との協議の有無と訪米】

 --1点目は小林千代美、生方両氏問題で、午前中、総理から小沢幹事長に電話があって、党代表として何らかの指示をした事実はあったのかどうか。2点目は今年で日米安保50年。安保の意義、駐留米軍のあり方、また訪米の招待を受けている…

 「いっぱいあるね」

 --与党幹部の幹事長が訪米するとすればその意義は

 「うーん、まず第一点ですけども、総理、代表がそういうことについて、いちいち指示するっちゅうことはありえないことですし、そのような指示はありません。それから、日米安保、日米同盟50周年。これはやっぱり、この半世紀も、非常に日本にとってだけでじゃなくて、あるいは日米関係だけじゃなくて、大きな役割を担ってきたし、果たしてきたと思っております。私は今後も、個別の具体的な、今、君が言った沖縄の米軍がどうなるかとか、そういう類の戦術的なことは時代とともに変化するのは当たり前のことですから、あり得ると思いますけれども、日米、そしてグローバルなレベルでのこの日米同盟の意義は今後も、深まり高まりこそすれ、減少するということはないと思いますので」

 「若干、日米関係に食い違いや行き違いがあったというマスコミ諸君の報道がありますけども。私は基本的に、日米同盟ちゅうのは、ほとんど全国民が支持していると思ってますし、それが日本にとってアメリカにとって世界にとって、歴史的な使命を果たしていくうえにおいて、大事なものだと思っております。私の訪米はまだ具体的になっておりませんので、そのときにはまたお答えします」

 【参院選】

 --民主党富山県連が公認申請している元アナウンサーの相本芳彦氏について。党公認でいくのか、社民党が主張するように与党系無所属統一候補として扱うのか

 「まず、あの、民主党としては相本くんでいいんじゃないかという意見が多いと思います。ただ、国民新党も、綿貫さんの地元でもあるし、含めて社民党の皆さんとも協力関係を密にして選挙戦に臨まなくていけないだろうと思っております。従いまして今後も、今後もつったってそんな時間かけるつもりはありませんが、公認候補でいくのか、あるいは協力関係を維持するために無所属でやった方がいいのか、その両方を含めて、できるだけ早く結論を出したいと思ってます」

 【生方氏の解任騒動】

 --テレビ朝日の週末の世論調査で生方氏を辞任させる党の対応に問題ありという人が75%だった。今、この数字を聞かれ、今日続投になってよかったと思うか

 「テレビ朝日のその調査はまったく聞いておりません。そんなことが判断の材料になったわけではありません」(了)

【関連記事】
民主、役員会で生方氏留任を確認へ 小沢氏は4時半から会見
小沢氏、生方氏の解任を撤回 「もう一度補佐してほしい」
民主・渡部氏「国民が辞めてほしい人は辞めよ」「世論大事にしないと民主党亡ぶ」
首相「早急に協議必要」 辞職拒否の小林議員 閣僚から党執行部への批判も…
前原国交相「政治とカネ、けじめつけてない」 閣僚から内閣支持率急落で批判相次ぐ
20年後、日本はありますか?

村田良平氏死去 元駐米大使、日米の核密約について証言(産経新聞)
男性緊縛遺体 監禁容疑で6人逮捕 警視庁(産経新聞)
校長室で性的関係…江戸川の区立小前校長を処分へ(読売新聞)
<日米密約>文書「破棄」を第三者委で調査へ(毎日新聞)
自民・与謝野氏らが新党結成ではなく党改革実現を目指すことを確認(産経新聞)

<雑記帳>メタボ「月光仮面」が日光PR(毎日新聞)

 栃木県日光市の魅力をPRするマスコットキャラクター「日光仮面」の着ぐるみが誕生した。テレビ草創期のヒーロー「月光仮面」をモチーフにして、日光地区観光協会連合会などが企画した。

 額に三日月が描かれていた月光仮面に対し、日光仮面には世界遺産登録のロゴマークをあしらった。ベルトのバックルに「日」、胴体に「光」の文字をデザイン。顔は強化プラスチック製で身長約2メートル。

 国内有数の観光地だが、近年は観光客数の落ち込みも目立つ。メタボ体形のため、「疾風(はやて)のように現れて」とはいきそうもないが、癒やし系キャラとして観光客をいざなえるか。【浅見茂晴】

抗がん剤ハーセプチンとゼローダの併用療法で効能追加申請―中外製薬(医療介護CBニュース)
佐賀大 ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」(毎日新聞)
矢野きよ実さん 「JAYWALK中村容疑者支えたい」(毎日新聞)
10年度予算、24日成立=政治主導法案審議入りへ(時事通信)
千葉大女子学生放火殺人 荻野さんに卒業認定書授与(産経新聞)

犬無許可飼育で書類送検(産経新聞)

 兵庫県尼崎市内の飼育業者が無許可で大量の犬を飼育、狂犬病予防のワクチン接種を受けさせていなかった事件で、県警は19日、化製場法違反(無許可飼養)と狂犬病予防法違反容疑で、尼崎市高田町のペットショップ「尼崎ケンネル」の経営者(54)を書類送検した。県警は今月4日、同容疑で経営者を逮捕していたが、容疑を認めたことなどから、その後釈放し在宅で捜査していた。

死亡の男を書類送検=自宅に放火、一家4人死亡-熊本県警(時事通信)
国交省の財団法人課長、勤務中に知人女性に写メール(産経新聞)
社民、国会同意人事への対応は来週以降に持ち越し(産経新聞)
府民の会、教育長に国旗の常時掲揚を要望(産経新聞)
鳩山首相の公邸入居費を「過少申告」 清掃費を除外(産経新聞)

バラエティー番組で民放連がシンポ 「作り手は信念を持って」(産経新聞)

 日本民間放送連盟(民放連)が主催するバラエティー番組の在り方を考えるシンポジウムが11日、東京都内で開かれ、民放キー局のバラエティー担当プロデューサーら50人が出席した。昨年11月に放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会がバラエティー番組に関して意見書を公表したことを受けての開催で、一般視聴者50人や関係者を交え、バラエティー番組の現状などについて意見交換した。制作者サイドからは、視聴者などからの批評を真摯(しんし)に受け止める一方、作り手は信念を持って番組を作るべきだといった熱い意見が多く語られた。

【関連記事】
「『関係者によると』は不適」 原口総務相発言に広がる波紋
「本当にいいのか」民放連会長が地デジ予算半減に懸念
民放連の広瀬会長が再任へ 推薦決まる
フジテレビが独自の「バラエティー宣言」を発表へ
バラエティー番組、出尽くした“小細工”
20年後、日本はありますか?

<民主>国会改革で全体会議 単独提案も視野(毎日新聞)
大阪・松原市の放火自供男、ウソと判明(産経新聞)
サリン事件風化させるな=地下鉄駅でテロ対策訓練-発生15年・東京消防庁など(時事通信)
<雑記帳>地元農家の夢乗せ、大豆、宇宙へ 北海道(毎日新聞)
上司に「殴るぞ、この野郎」=暴言書記官を停職-横浜地裁(時事通信)

トキ 9羽の死 順化ケージの金網に62カ所のすき間(毎日新聞)

 新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターのトキ9羽が死んだ事故で環境省は11日、トキを収容していた順化ケージの金網に62カ所のすき間が見つかったと発表した。縦9センチ、横12センチのL字形のすき間もあり、トキを襲ったイタチ科の小動物テンがこの場所から侵入可能か、専門家の意見を聞いて調べを進める。

 順化ケージは今秋の3回目の放鳥に向けた訓練のためトキを入れていた施設で、外敵の侵入を防ぐため、金網は2.5センチ四方(天井は4センチ四方)で作られている。同日、ケージの南側部分を調べた結果、L字形のすき間は壁面の鉄板と金網の継ぎ目部分にあり、故意に開けた形跡はなかった。テンの毛など、侵入経路と断定できるような証拠は得られていないという。

 同省佐渡自然保護官事務所の笹渕紘平保護官は「すき間は鉄骨の継ぎ目に幅を持たせた部分などにあり、劣化してできたものではない」と話した。

 また、同省はケージ内にテンがまだいる可能性があるとして、6カ所に捕獲用のわなを仕掛けた。

 一方、小沢鋭仁環境相は同日の閣議後会見で「できるだけ近日中に(現地に)入りたい」と述べ、自ら現地確認に臨む考えを示した。

 小沢環境相は「(責任を)痛感している。侵入経路を把握しないと対策は取れないので今、調べている。放鳥計画は大変厳しい状況。雌のトキが多くやられており、打撃は大きい。夜間の監視体制を含め検討が必要だ」と話した。【畠山哲郎、足立旬子】

【関連ニュース】
トキ9羽死ぬ:テンが襲撃、足跡から判明 環境省
トキ:富山で確認 08年に佐渡で放鳥
トキ:9羽死ぬ ケージ内に獣 佐渡・保護センター
トキ:求愛の「枝渡し」確認 3歳の雄と1歳の雌 佐渡
トキ:2次放鳥の雄と雌が「疑交尾」 繁殖に期待高まる

<国民健保>昨年、保険料支払えず死亡は33人 民医連調査(毎日新聞)
小中教員の国庫負担、4億近く払いすぎ 会計検査院指摘(産経新聞)
和歌山のパンダ、中国へ=2年後、繁殖活動に-成田空港(時事通信)
NEC元部長の過労自殺を認定…東京地裁(読売新聞)
大阪万博から40年、パビリオンで記念式典(産経新聞)

気象大学校の見直し検討、国交相が表明(読売新聞)

 前原国土交通相は8日の参院予算委員会で、気象庁幹部を養成する気象大学校について、「見直しを含めてあり方を検討したい」と述べ、組織改編などを検討する方針を表明した。

無罪判決に検察側控訴=大分強盗殺人(時事通信)
ペコちゃん“誘拐”17体、2府4県で被害(読売新聞)
看板ぐらつき小沢氏「重いな」…民主選対本部設置(読売新聞)
行方不明 高等養護学校の女子生徒 先月28日から 長崎(毎日新聞)
一票の格差「憲法上好ましいものではない」 東京高裁 (産経新聞)

ゴルフ場で3人生き埋め=水道工事中、1人は意識不明-岐阜(時事通信)

 岐阜県警によると、4日午後3時半すぎ、同県各務原市のゴルフ場で水道工事中の作業員3人が生き埋めになった。いずれも救出されたが1人は意識不明という。 

【関連ニュース】
【特集】あの日あの時、石川遼
〔写真特集〕女子ゴルフ・宮里藍
〔写真特集〕女子ゴルフ・横峯さくら
〔写真特集〕女子ゴルフ・竹村真琴、キンクミら期待の若手
〔用語解説〕「旧ソ連軍ゴルフ級潜水艦」

<お別れの会>中村昇さん=30日、京都市のホテルで(毎日新聞)
<参院予算委>小林議員辞職要求に首相「本人の意思の問題」(毎日新聞)
自民党 執行部批判、身内から続々(毎日新聞)
民家火災で4人死亡 群馬(産経新聞)
社民「国外」国民新「シュワブ陸上」移設案提示(読売新聞)

阿久根市長の議会欠席続く、予算案質疑入れず(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、報道機関が議場内にいることを理由に市議会への出席を拒否しており、市長欠席のため流会となった4日に続き、5日午前10時の開会時間になっても市長は議場に姿を現さず、欠席を続けている。

 この日の市議会は、4日に実施できなかった新年度予算案の総括質疑を行う予定で、浜之上大成議長がいったん議会を開会したが、「議案提出者の市長が出席を拒んでいます」と説明。議席にいる市議から「総括審議を省略し、予算特別委員会で審議してはどうか」という意見も出たが、休憩に入った。市議らは控室で市長への対応を協議している。

 竹原市長は4日、報道機関の議場内撮影について、禁止を求める要求書を議長に提出。議長によると、「一部報道機関が市長の許可を得ずに庁舎内を撮影した。これらの報道機関に議場内での撮影を許可しないよう求める。協力され次第、出席する」と記されていたという。市長は地方自治法に基づく議長の出席要求も聞き入れず、4日の市議会は午後4時に流会した。

 市長は、障害者の出生を否定するようなブログ記述が報じられた昨年12月以降、一部の報道機関以外の取材を拒否。1月には、市庁舎内での撮影を原則禁止とする内容の文書を報道各社に送っている。

 市議会事務局によると、新年度予算案は今月26日に採決の予定だが、市長が出席を拒み続ければ、採決前に必要な総括質疑や特別委員会での審議ができず、予算がゼロになる可能性もあるという。

橋下知事 「大阪市以外は皮」 府をまんじゅうに例え…(産経新聞)
与謝野氏の動き、谷垣氏が不快感(産経新聞)
膣委縮症治療薬でライセンス契約―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
北教組幹部ら4人逮捕 民主議員陣営への違法資金提供事件で(産経新聞)
中学生にわいせつDVD配布=ゲーム店の景品、経営者逮捕-熊本(時事通信)

地震による火災か、黒煙覆う=衛星「だいち」、チリ観測(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構は1日、先月27日に大地震に襲われた南米チリの首都サンティアゴ付近を陸域観測技術衛星「だいち」で撮影した画像を公開した。地震後の画像には、火災によるとみられる黒煙が広い範囲を覆っていた。
 だいちは地震から約8時間後、サンティアゴ付近を撮影。建物の倒壊や地形の変化など直接的な被害は判別できなかったが、北西部の広い範囲に黒煙が広がっているのが見えた。煙の最も濃い場所を昨年2月に撮影した画像で拡大してみると、工場のような建物がある区域だった。
 撮影データは国際機関を通じて提供され、被害状況の把握などに役立てる。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション

雑記帳 歴女来たれ…「甲州軍団出陣」信玄と歩く女性募集(毎日新聞)
「生活費に困って…」 ひったくり容疑で男を逮捕 警視庁(産経新聞)
<雑記帳>自腹で運転士に いすみ鉄道が募集(毎日新聞)
会計担当、資金一手に管理=小林氏陣営、外部のチェック入らず―政党支部や後援会も(時事通信)
<チリ地震>医療救援団体「AMDA」が現地に医師らを派遣(毎日新聞)

元気な102歳男性、3輪バイクに乗って転倒死(読売新聞)

 1日午前8時20分頃、埼玉県秩父市荒川上田野の国道140号で、同市荒川久那、無職諸松平さん(102)の3輪バイクが転倒し、諸さんは頭を強く打って間もなく死亡した。

 秩父署の発表などによると、諸さんは自宅から約2キロ離れた農協直売所から帰る途中だった。現場はほぼ直線道路で、バイクは左にそれて道路左脇に置かれていたコンクリート製の台(高さ約30センチ、縦横約60センチ)に衝突したという。

 諸さんは妻(98)、長男(61)と3人暮らしで、普段からバイクで買い物に出かけるなど、元気だったという。

党のあり方など話した…? 小沢氏との会談で鳩山首相(産経新聞)
4221人を門前払い 国公立大の2次試験中後期日程(産経新聞)
<性同一性障害>深刻な相談十数件 埼玉県の学校緊急調査で(毎日新聞)
<着服容疑>岡崎信金の元支店次長を詐欺容疑で逮捕(毎日新聞)
高裁も同じ判断「ホッ」裁判員経験者が控訴審傍聴(読売新聞)

北教組事件 小林議員が陳謝 会計責任者など4人逮捕で(毎日新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)は2日、国会内で記者団の取材に応じ、北海道教職員組合(北教組)による違法献金事件で自身の陣営の会計責任者など4人が政治資金規正法違反容疑で逮捕されたことについて「大変遺憾で、衆院選で応援していただいた多くの皆さんに本当に申し訳ない」と陳謝した。

 議員辞職など今後の進退については「(逮捕事実の)内容をしっかりと確認するのが先だろうと思う」と述べ、言及を避けた。選対事務所の財政状況が悪化していたことに対する認識を問われると、「今は申し上げることは控えさせていただきたい」と語った。【近藤大介】

【関連ニュース】
北教組事件:書記長ら2人で資金捻出 組織的に引継ぎか
北教組事件:「逮捕者は遺憾」文科相
北教組事件:小林千議員に進退論も「次々と大波」
小林氏陣営違法献金:北教組が声明「不当な組織弾圧」
小林氏陣営違法献金:小林議員、説明なく去る…北教組逮捕

大津波警報、沿岸各地の鉄道一斉に運転見合わせ(読売新聞)
大津波警報で東名高速、アクアライン一部通行止め(産経新聞)
弁護側は有期刑求める=2人強殺事件が結審-裁判員評議開始・鳥取地裁(時事通信)
天皇公的行為でルール設けず=政府見解「現実的でない」(時事通信)
19年分でも不起訴処分 小沢氏不記載(産経新聞)

小林氏の議員辞職要求=「政治とカネ」を徹底追及-自民幹事長(時事通信)

 自民党の大島理森幹事長は2日午前の記者会見で、民主党の小林千代美衆院議員をめぐる政治資金規正法違反事件で北海道教職員組合幹部ら4人が逮捕されたことを受け、「ここまで来たら自らお辞めになって、堂々と補選で民主党の政治姿勢を訴えた方が本人にも民主党にもいい」と述べ、「4月補選」となる15日までに、小林氏は議員を辞職すべきだとの考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

張・新棋聖誕生、7大タイトル制覇(読売新聞)
利回りの提示見送り=公的年金、次期中期目標-厚労省(時事通信)
「金」チヂミ大盛況!コリアタウン新大久保は、もう前祝い(スポーツ報知)
郵政各社、将来は株式公開=原口総務相(時事通信)
「津波被害を最小限に」 鳩山首相が指示(産経新聞)

イカナゴ漁が解禁 播磨灘に春の訪れ(産経新聞)

 大阪湾や播磨灘に春の訪れを告げるイカナゴ漁が27日、解禁された。明け方から漁師たちが一斉に船を出し、イカナゴの稚魚「新子(しんこ)」をとり、水揚げした。新子は「くぎ煮」や「釜揚げ」として食卓に並ぶ。

  [フォト]イカナゴ漁始まる 播磨灘に春の訪れ

 兵庫県明石市の林崎漁港からも15隻の漁船が出て、3~5センチの新子がぎっしり詰まったかごを次々と水揚げ。せりでは、1かご(25キロ)あたり2万円前後と、不漁だった昨年より安値がついた。

 漁業関係者は「やや小さめだが、質のいい新子が揚がった」と話していた。

【関連記事】
新宿西口でエールを贈る「謎のチアガール」とは
五輪効果! スケート場は大にぎわい
転勤族向きソファって? 数学的に考えると…
子ザルに個体識別チップ 鳥取・米子
市民と専門学校生が「町の魅力紹介マップ」作成

クリスタル・ジャパン熱戦 「勇気もらった」 バンクーバー五輪(産経新聞)
民主敗北、小沢氏進退再浮上も “利益誘導”選挙通じず(産経新聞)
米49ersチアリーダーが関空増便PR(産経新聞)
父運転の重機にはねられ、女児死亡 茨城(産経新聞)
カセットコンロ爆発、5年間で8人死亡(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。