スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラエティー番組で民放連がシンポ 「作り手は信念を持って」(産経新聞)

 日本民間放送連盟(民放連)が主催するバラエティー番組の在り方を考えるシンポジウムが11日、東京都内で開かれ、民放キー局のバラエティー担当プロデューサーら50人が出席した。昨年11月に放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会がバラエティー番組に関して意見書を公表したことを受けての開催で、一般視聴者50人や関係者を交え、バラエティー番組の現状などについて意見交換した。制作者サイドからは、視聴者などからの批評を真摯(しんし)に受け止める一方、作り手は信念を持って番組を作るべきだといった熱い意見が多く語られた。

【関連記事】
「『関係者によると』は不適」 原口総務相発言に広がる波紋
「本当にいいのか」民放連会長が地デジ予算半減に懸念
民放連の広瀬会長が再任へ 推薦決まる
フジテレビが独自の「バラエティー宣言」を発表へ
バラエティー番組、出尽くした“小細工”
20年後、日本はありますか?

<民主>国会改革で全体会議 単独提案も視野(毎日新聞)
大阪・松原市の放火自供男、ウソと判明(産経新聞)
サリン事件風化させるな=地下鉄駅でテロ対策訓練-発生15年・東京消防庁など(時事通信)
<雑記帳>地元農家の夢乗せ、大豆、宇宙へ 北海道(毎日新聞)
上司に「殴るぞ、この野郎」=暴言書記官を停職-横浜地裁(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。