スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Web】新型多機能情報端末 日本あす発売 iPad“先輩”の使い方は(産経新聞)

 米アップル社の新型多機能情報端末「iPad」が28日、発売される。米国先行発売から約2カ月も待たされているだけに、日本のファンの期待は高まる一方。先月上旬に米国で入手し、すでにiPadを使いこなしている3人の専門家に“使い勝手”を聞いた。(池田証志、猪谷千香)

                   ◇

 ≪授業のインタラクティブ化提案≫

 □慶応大SFC研究所上席所員 松村太郎さん(30)

 ■「ノート」兼「教科書」

 「自分のお気に入りのノートとペンがネットにつながり、他の人と情報を共有している感じ」。約2カ月間、使ったiPadをこう表現する。

 大学で教鞭(べん)をとる身として、「資料や設問を埋め込んだ授業向けアプリを作ったり、授業中にホワイトボードに書いたものを保存して、学生に転送することもできる」と授業のインタラクティブ化を提案。「ノートであり、教科書であり、調べ物もできる。これひとつで済ませることは済ませ、ディスカッションなどキャンパスでやるべきことにフォーカスできる」

 個人的には、ネットに接続した状態でサーバー上でソフトを利用する「クラウド・コンピューティング」の活用に魅力を感じている。「iPadは、自分とサーバーの間に入る端末。パソコン代わりに持ち歩ける。3G(第3世代)接続モデルでクラウドの快適さを感じられるはず」と期待している。

 名古屋文理大(愛知県稲沢市)が来春、情報メディア学科の新入生全員に無料配布することを決めるなど、教育現場への導入が見込まれる。情報社会で活躍する人材育成が狙いだ。

 「モバイル端末、ソーシャルメディア、クラウド。この3つのツールを身につければ、社会に出たときにアドバンテージになる」と言い切る。が、これらの新しいコミュニケーションのスタイルを理解できなければ、「『使い物にならない』といわれる日がくるのでは」とも。

                   ◇

 ≪人気アプリ開発≫

 □Art&Mobileデザイナー 深津貴之さん(30)

 ■一家に1台、PC不要

 iPhoneで人気のカメラアプリ「ToyCamera」の開発で知られ、すでにiPadのアプリも手がけている。しかし、「iPadで、アプリはiPhoneほど使われないのでは」とみる。意外な発言の理由とは-。

 米国出張していた4月、発売されたばかりのiPad6台を入手。「1台は開発用、1台はクライアントへの貸し出し用、1台は個人用。3台は他の開発者に頼まれたものです」。写真を模型写真のように加工できるiPadのアプリ「TiltShift Generator」も、いち早く公開した。

 iPhoneアプリとの大きな違いは、画面のサイズ。「面積がiPhoneの4倍なので、アプリ開発にはより複雑な機能やデザインが必要とされます」。実際に使ってみた感触から、「iPhoneと同じような100円、200円のアプリより、もっと面白い、本や映画など既存のコンテンツを見るために使われるのでは」と指摘する。

 開発者としては、「電子書籍のビューワー(読むための専用ソフト)に興味があります。凝ったデザインや、使いやすいものを作ってみたい」という。

 プライベートでもiPadは活躍。移動中にはドラマや映画を楽しむ。「長い文章を書いたり、グラフィックを作ったりする人でなければ、iPadがあればパソコンはいらない。映像や音声、活字を含め、消費メディアとしては完成形。一家に一台あってもいい」

                   ◇

 ≪取材、校正、映画、ゲーム…≫

 □ITジャーナリスト兼コンサルタント 林信行さん(42)

 ■仕事も趣味も追求

 1月に米国で開かれた発表会で触っていたiPad。「使っていると画面が大きく感じるし、持ち運ぶときには小さく感じる。絶妙な大きさ」。約20年間、アップル社を見つめ続けてきた経験から、「iPadの出現で、生活のスタイルも仕事のスタイルも変わる。さまざまな業界の構造も変わる」と予言する。

 「アップルはシンプルな端末を提供しただけなのに、その中で勝手にイノベーションが起きている。アーティストはキャンバスとして、医師は手術の道具として使っている。iPhoneもそうだが、使い方が人によって全然違う」

 iPadにはすでに、5千種類のアプリがある。ワープロや表計算などのビジネス系アプリも便利だが、マイナーなアプリも少なくない。「金曜日までにジーンズが履けるようになるアプリや、犬を撮影するためのアプリまである。ニッチな趣味を検索して自分の趣味を追求できるのがいい」

 この2カ月間、取材や原稿の校正に利用することもあれば、大きな画面で映画やゲームを楽しむことも。公私にわたり、“iPadライフ”を楽しんでいる。

 今回、無線通信「Wi-Fi」だけでなく、3G接続もできるモデルが発売されたことにも注目。「地図連動サービスやクラウドはネットに接続していることを前提とするアプリが多く、ネットにつながりやすい3Gは便利」と評価する。

国家公務員の新規採用39%減=11年度、半減目標達成できず―政府(時事通信)
普天間「ほぼ現行案」に地元心外 「強行すれば暴動起きはしないか」(J-CASTニュース)
「あかつき」打ち上げ最終準備 H2A、発射台へ再び移動(産経新聞)
中山太郎元外相が自民に離党届 参院選出馬も視野(産経新聞)
薬局チェーン展開のチトセファーマシーが破産(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。