スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の時計の歴史をたどる旅――滋賀県・近江神宮(Business Media 誠)

 6月10日は「時の記念日」だ。1920年に東京天文台(現国立天文台)と生活改善同盟会が、時間の大切さを啓蒙するために制定したのが、その始まり。多くの記念日にありがちな語呂合わせではなく、671年6月10日(旧暦4月25日)に、国内で初めて時計によって時間を計り、鐘を鳴らしたことに由来するという。

【拡大画像や他の紹介写真】

 国内初の時計、それは漏刻(ろうこく)という水時計の一種だった。日本書紀によれば、大化の改新の中心人物の1人である中大兄皇子(後の天智天皇)が自ら作り、天皇に即位してから10年後、当時の都の近江大津宮で時報を開始したと書かれている。

 今回は、今年で制定90年を迎える時の記念日にちなみ、漏刻から最新の電波時計まで、時計ゆかりの場所を訪ねた(全3回)。

●近江神宮の境内には、漏刻以外にもさまざまな時計が点在

 天智天皇を祭神とする近江神宮(滋賀県大津市)。ここでは、毎年6月10日に漏刻祭(ろうこくさい)が行われる。カシオやセイコー、シチズン、オリエント時計といった時計メーカーの最新の時計が釆女(うねめ)によって献納されるほか、女人舞楽「原笙会」による舞楽が奉納される。

 近江神宮の境内には、漏刻のレプリカや日時計、火時計などが点在する。また、近江神宮時計館宝物館が併設され、実物を見ながら国内外の時計の歴史を知ることができる。

 龍をかたどった火時計は、約4000年前の中国で、主に夜間の時刻を計るために用いられていたという。龍の背に吊り下げられた14個の銅球の糸を、線香の火が焼き切ることでドラが鳴る。

 一方、矢橋式日時計は岐阜天文台の矢橋徳太郎氏が考案したもの。上部のひさしの形をした板の影は、午後1時までは右側、午後1時以降は左側の目盛りに落ちる。半円形の目盛板は可動式で時刻の狂いを調整できるようになっている。

 漏刻は、3層に別れた枡(ます)から漏れ落ちる水の量によって時間を計る。最下層には、1目盛りが約10分を示すように印を付けた矢が浮石に取り付けられている。

 時間を管理するということは、先進国家の仲間入りを意味し、漏刻の管理は大宝令によって定められた。中務省(なかつかさしょう)の陰陽寮(おんみょうりょう)が管理し、責任者の漏刻博士が時報を行っていたという。近江大津宮以外にも、国府や鎮守府などにも漏刻が置かれ、平安朝末期まで使われていた。

●2010年4月にリニューアルした「近江神宮時計館宝物館」

 近江神宮時計館宝物館は、1階がさまざまな時計を収集した時計館、2階が近江神宮ゆかりの品々を展示する宝物館になっている。2010年4月のリニューアルを記念して、「高松宮特別展」も開催されている。

 展示される時計は、持ち運びできる大きさの日時計、抹香の燃え尽きる長さで時間を計る香時計、江戸時代に製造された機械式の和時計など。なかには現存するのは時計館だけと伝えられる貴重なものもあり、国内における時計の歴史が実物を見ながらたどれるのだ。

 江戸時代に作られた和時計は、ヨーロッパから伝来した機械式時計を模倣したものだ。しかし、当時の時間法は不定時法(日の出と日没までを6等分して一刻とした)だったため、技術的にもデザイン的にも日本独自の改良が加えられた。また、製造は時計師と呼ばれた職人が設計から製作までを手作業で行ったという。そのため、「和時計には、2つと同じものはない」といわれる。

 和時計は大きく、櫓時計(ろどけい)、枕時計、尺時計に分類できる。時計館の説明によると、櫓時計は徳川家康が宣教師から寄贈された時計を、伏見城の櫓の上に据えたからともいわれているが確証はないらしい。

 このほか時計館には、献納されたさまざまな時代の時計が展示されている。また、高松宮家から下賜された有栖川宮伝来の懐中時計は1500年代に作られたもので、「日本に現存する最古の懐中時計ではないか」といわれている。

●近江神宮時計館宝物館

場所:滋賀県大津市神宮町1-1(近江神宮境内)
開館時間:午前9時~午後4時30分(年中無休)
入館料:大人300円、子供150円

 次回は、最新の時計となる電波時計の仕組みについて紹介する予定だ。【岡田大助】

【関連記事】
エレクトロニクス技術に裏打ちされたアナログG-SHOCKを作る――カシオ計算機
あの人と同じ時計を使ってみたい!――オバマ大統領 & チェ・ゲバラ編
初ボーナスで買いたい、10万円以下のオススメ腕時計
そうだ、「ポケットウオッチ」という手がある

全精社協元副会長に懲役1年6月求刑(産経新聞)
久子さま、南ア訪問へ=W杯対デンマーク戦を観戦(時事通信)
「参院選に政治生命かける」谷垣氏が決意(産経新聞)
河村市長 「増税せんで」菅内閣に注文(毎日新聞)
<東京メトロ東西線>車両から煙 一時、運転を見合わせ(毎日新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。